スポーツ治療

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」

「スポーツ外傷」
競技中に起こる、受傷原因が明らかな急性疾患のことをいいます。
代表例に、骨折・脱臼・捻挫・打撲などがあげられます。
これらの疾患には整復や固定などの応急処置が必要です。
「スポーツ障害」
オーバーユース(使いすぎ症候群)やオーバーロード(瞬時に強い負荷がかかる)と呼ばれ、体を酷使することで発生する疾患です。
代表的な症状は、筋肉痛・肉離れ・足がつる・こむら返り・ばね指・椎間板ヘルニア・アキレス腱炎・腰椎分離症・変形性膝関節症・オスグッド病腸脛靭帯炎・野球肩・野球肘・テニス肘・疲労骨折などがあげられます。

各症状の治療

TEASHISで扱う疾患の多くは後者の「スポーツ障害」になります。
運動に伴う筋肉の伸縮と捻れ、骨での衝撃吸収など肉体に与える負荷が大きく、練習を積み重ねていく為、体にかかる負担は相当大きなものになっていきます。
このようなスポーツへの取り組みの熱心さが、逆にスポーツ障害を起こす原因となっています。

全般的に多い「肉離れ」や野球選手に多い「野球肘」。陸上選手に多い「疲労骨折」など選手生命に影響する疾患もあります。
スポーツ障害の多くは、ちゃんとしたケアをすることである程度防ぐことができます。

例えば、肉離れ自体は急性疾患ですが、よくよく選手に聞いてみると同じ個所ばかり負傷していたり、ストレッチやマッサージなどよく負傷する箇所を入念にケアしていたりします。
たまにしか運動をしない人が同じような疾患で来院した時は「ウォーミングアップやストレッチをちゃんとしないからですよ」と言えますが、本気のアスリートにはその理屈は通用しません。
間違ったケアはもう一つ大きな弊害を生みます。
それは、体が歪むことで手が上がりにくい、歩きにくい、動くと腰が痛いなどの機能的疾患から、器質的な疾患に移行する可能性があるということです。
骨が傾いた状態で固まってしまったり(変形)、骨自体に問題が出てしまったり(骨折)することです。

スポーツ選手に多い「椎間板ヘルニア」もその一つです。
ヘルニア菌がやってきて、椎間板を圧迫するわけではありません。
日常の動作で癖付いてしまった筋のアンバランスさが骨を引っ張り、体全体を捻り傾かせていきます。そして「ブチュッ」と、飛び出してきます。
ヘルニアの手術をしても再発することが多いのは「なぜそうなったのか?」という経緯の部分を見ずに、起こった現象だけを消そうとするから、また同じ機序で「ブチュッ」となります。

痛めた怪我を治療して終わりではなく、日常のトレーニングや体のケアの段階から、体を歪ませないようにすることが最も重要であり、実現することが可能です。
ほんの少しだけ体の歪みに対する知識と理解。そしてトレーニングやストレッチをする際にちょっとした工夫をするだけで故障をする選手が激減します。

TEASHISではこのような形で、選手の歪み診断からトレーニングやケアについてのアドバイスをすることが可能です。

京都・亀岡の整骨院 テアシス京都亀岡 京都・亀岡の整骨院 テアシス京都亀岡

完全予約制

0771-55-9580

診療時間
(祝日除く)
8:30~12:30
往診
15:00~21:00
往診
往診