頭から足先まで
全身の症状とゆがみの関係

ゆがみと全身の症状

ゆがみは、全身の様々な症状を引き起こします。整体、整骨の施術で改善しましょう。

ゆがみが引き起こす症状

  • 肩こり・頭痛
  • 腰痛(慢性腰痛)
  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 寝違え
  • 股関節痛
  • 変形性膝関節症・膝痛
  • 自律神経失調症
  • アトピー
  • 不妊、産前産後のケア
  • 手のシビレ
  • 脊柱管狭窄症
  • 五十肩

整体,整骨 各症状の治療について

  • 腰痛(慢性腰痛)

    このような症状でお悩みではありませんか?

    • 何十年も前から腰が痛い
    • 毎朝腰が痛くて起きるのがツライ、すぐ起きれない
    • 顔を洗うのがつらい
    • 座るとき、椅子から立つときに腰が痛い
    • 長時間立っている、座っていると腰が痛くなってくる
    • マッサージや腰を牽引をしてもよくならない
    • 腰が痛くて仕事、育児、スポーツを思いっきりできない
    • 整形外科で診てもらったが異常なしと言われた

    腰痛は、誰もが一度は経験していると言えるほど、頻度が多い症状です。
    発生原因や症状はそれぞれですが、皆さん体が歪んでいるという共通の特徴があります。

    腰痛の8割は原因不明ということをご存知ですか?

    医学が進歩した現代においても、腰痛の多くは原因不明だと言われています。
    原因が特定できる腰痛の代表的なものは、腰椎の圧迫骨折やヘルニアや腰部脊柱管狭窄症です。
    その他、細菌やガンなどが原因で、腰痛を引き起こすこともあります。

    それ以外の腰痛、レントゲンやMRIなどで異常がみられないものは、原因が特定できないと言われています。

    原因がわからない腰痛に対して、マッサージや電気治療や牽引治療、飲み薬で様子をみてきた方も少なくないのではないでしょうか?
    腰痛でお悩みの方、皆さんに共通して言えることは体が歪んでいるということです。

    そのままにしておくと、ヘルニアや足のシビレなどにもつながる可能性があります。
    マッサージや電気治療などの対処療法ではなく、根本的に治療していきましょう。

  • 肩こり・頭痛

    このような症状でお悩みではありませんか?

    • 常に肩がパンパンにはっている
    • 肩こりのせいか頭痛も起こる
    • 腕を上げにくい
    • 首を回しにくい
    • 目が疲れる
    • イライラする
    • 眠りが浅く、疲れがとれない
    • カバンや肌着が片方だけずれ落ちる
    • 揉んでもよくならない

    当院では、肩こりで来院される方は大変多いです。
    肩こりで来院される方、皆さん体が歪んでいるという共通の特徴があります。

    人の頭はだいたい5〜6kgぐらいの重さがあります。(スイカやボーリングの玉ぐらい)それが頸椎やまわりの筋肉に支えられています。

    頭部が通常の位置から2.5cm前に出ることによって、首や肩にかかる負担は4kgずつ増えると言われています。
    姿勢が悪くなるとこれだけの負担が常に首や肩にかかってきます。
    姿勢を保つために、まわりの筋肉が緊張し血行が悪くなり、重たく感じるのが肩こりです。

    そのままにしておくと、頸椎ヘルニアや手のシビレ
    などにもつながる可能性があります。
    マッサージや電気治療などの対処療法ではなく、根
    本的に治療していきましょう。

  • ぎっくり腰

    このような経験はありませんか?

    • 重いものを持とうとした時に急に動けなくなった!
    • ただクシャミをしただけなのにぎっくり腰になった!
    • 毎年1回はなる
    • 良くなったと思ったのにまた…
    • またなりそうで常に恐怖感がある

    ぎっくり腰は、いきなりグキッという衝撃と共に動けなくなるほどの激痛が腰にあらわれます。
    代表的な発生原因は、しゃがんで重いものを持ったとき、急に動き出したときが多いです。

    確かに無理な体勢で急に重いものを持つと、腰に負担がかかり発症してしまうのは想像できると思います。

    しかし、クシャミ・咳・何かを取ろうと手を伸ばした時など、普段の何気ない動作で起こるぎっくり腰もあります。
    また、治りかけていたのにまた起こったなど、ぎっくり腰はクセになるということもよく聞きます。

    いつ急にぎっくり腰になるかわからない…

    そんな恐怖感を感じながら生活されている方も少なくないのではないでしょうか。

    なぜこのようなことが起こってしまうのか、
    それは、普段の生活によってできた体の歪みが限界に達したことによって起こります。
    もちろん、無理な体勢で物を持つことで急に起こってしまうこともあります。

    ・よく横座りや足を組んで座る
    ・椅子に浅く腰掛背中が丸くなって座る
    ・体を捻ってテレビを見ている
    ・最近歩くことが激減した

    このような、普段の生活によってできた体の歪みが積み重なることで、
    咳・クシャミなどの軽い衝撃でもぎっくり腰は起こってしまいます。

    ぎっくり腰がクセになるということは、そもそも治っていないのです。

    施術は、ボキボキ・バキバキせず、痛みを伴わないので、無理せず受けていただけます。

  • 椎間板ヘルニア

    椎間板ヘルニアって何?   

    背骨は一つ一つの骨が積み木のように積み重なった構造になっています。        その骨と骨の間に椎間板と言われるクッションがあり、椎間板の中にあるゼリー状の髄核が飛び出ることで、                       
    まわりの神経を圧迫し、腰や足に痛み・シビレが出る症状のことを言います。                                                                 
                

    病院で、レントゲンやMRI検査をして                       
    「あ、ヘルニアやね…、手術するほどでもないし湿布とリハビリで様子をみましょう」                       
    痛みが続くと,                        
    「手術する?」                                                
    手術はしたくないしなぁ…                       
    ヘルニアの手術をしてもよくならないってきいたこともあるし…                   再発するともいうし…                       
                           
    このような経験やお悩みはありませんか?                                        椎間板ヘルニアは発生頻度の高い症状で、よく聞く方も多いと思います。        その中でいろいろな治療法や治療後についてもご存知の方が多いと思います。                       
    じゃぁ、どうしたらいいの?                       
                           
    椎間板ヘルニアといっても、種類はいろいろあって、                       
    中には手術が必要なものもあります。                       
                           
    でも、共通して言えることは、皆さん体が歪んでいるということです!!                       
    ヘルニアと診断をされて、歪んでいない人は100%いません!!                       
    実際に手術をすすめられてた方で、歪みをなおした結果、痛みやシビレが改善した方もたくさんおられます。                       
                           
    ヘルニアと体の歪みは大きく関係しています。                       
    マッサージや電気治療、牽引治療などの対処療法ではなく、根本的に治療していきましょう。       
                    

  • 坐骨神経痛

    腰から足に伸びている太い神経を坐骨神経と言います。
    坐骨神経が、何らかの原因で圧迫・刺激されることによって、
    臀部や足の指先まで痛みやシビレが出る症状のことを坐骨神経痛と言います。

    症状がきついときには、歩けない・寝がえりができない・眠れないこともあります。

    腰から伸びていることもあって、
    腰痛・腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症などに併発して出ることが多いです。

    病院では、痛みやシビレが出ている部位や症状の原因と考えられる腰を治療していきます。
    電気治療、マッサージ、牽引、ハリ、灸などなど…

    治療後はマシになるが、しばらくすると元に戻る…
    そのようなことでお悩みではありませんか?

    坐骨神経痛と体の歪みは大きく関係しています。
    実際にどのように歪んでいるのか、一緒に確認し、施術して
    いきます。

    歪みをなおすのに、痛みは伴いません。
    マッサージや電気治療、牽引治療などの対処療法ではなく、根本的に治療していきましょう。

  • 股関節痛

    股関節は体重を支え、立つ、歩く、上る、下りる、飛ぶなど、さまざまな動作をこなす要ともいえる関節です。

    このような症状でお悩みではありませんか?

    • 動かすとポキポキ音がする
    • 歩くとズキズキと痛む
    • たまにカクンっと抜けるような感じがする
    • 階段の上り下りが痛い
    • かばうせいか膝や足首、腰まで痛みが出てきた

    病院で検査をして異常がみられなかった場合、
    ストレッチをして筋肉をほぐしましょう。
    筋力をつけましょう。
    と言われることが多いのではないでしょうか。

    骨盤は歪みやすい??

    人は二足歩行で常に生活をしています。

    股関節は、上半身からの重力と床からの反力が足を伝わりかかっています。

    また、人の足には必ず重心側と非重心側にわかれています。つまり左右対称ではありません。

    その結果、骨盤はぐにゃ〜と歪んでしまいます。

    軽い歪みであれば、休息をとれば自分で回復できるのですが、歪みがきつくなってしまうと休息をとっても戻らなくなります。
    歪みがきつくなってしまうと、股関節の痛みは発生しやすくなります。

    歪みを確認してみましょう
    • 足の裏を合わせて座った時に、左右の膝は同じ高さにありますか?
    • 仰向きで足を伸ばして寝た時に、足さきの開き方は左右同じですか?
    • 横座りは左右同じように座れますか?
    • 足組みは左右同じように組めますか

    左右差があった場合、体は歪んでいます。骨盤矯正の必要があります。
    一度ご相談下さい。

    股関節は常に体重がかかっています。痛みが出ることによって、無意識に足をかばって歩くようになり、全身のバランスが崩れてしまいます。

    バランスが崩れてしまうと、肩こり・腰痛・膝痛など、さまざまな症状が出やすくなります。
    股関節の痛みと体の歪みは大きく関係しています。
    しっかり根本的に治療していきましょう。

  • 変形性膝関節症・膝痛

    このような症状でお悩みではありませんか?

    • 階段の上り下りのとき膝が痛む…
    • 正座ができない…
    • 椅子から立ち上がるとき膝が痛む…
    • 水が溜まる…
    • 定期的にヒアルロン酸注射を打っている…
    • 歳のせいと言われた…
    • 軟骨がすり減っているといわれ、リハビリをしているがあまり変わらない…

    日常生活で走る、飛ぶ、しゃがむなどの動作によって、膝には常に負荷がかかっています。

    膝を痛めることでさまざまな動作が制限され、仕事や生活に支障をきたしている方も少なくないのではないでしょうか。

    整形外科でレントゲンやMRIなどの検査をしたが、
    「骨には異常はない」「少し関節が狭くなっている」
    と診断され、

    「リハビリで様子をみましょう」「筋肉をつけま
    しょう」「歳のせい」と言われた経験はありませ
    んか?

    原因や症状は人それぞれだと思いますが、
    膝痛でお悩みの方に共通して言えることは、体が歪んでいるということです。

    水を抜くとクセになる?

    皆さん「水を抜くとクセになる」ということを聞いたことはありませんか?
    これは、膝に水が溜まった原因を治さず、結果だけを処置しているからです。

    原因を治さず、水を抜いてもまた水が溜まるのは当たり前ですよね。

    また、注射を打ってラクになってもまた戻ってしまうことも、
    痛みに対しての処置を行っただけで治っていないということもわかりますよね。

    なぜ痛みが出たのか、根本的に治療することが必要です。
    膝痛は放っておくと変形してしまいます。

    変形した関節を元に戻すのは非常に厳しいです。(痛みを軽減させることは可能です)
    変形してしまう前に、しっかりと治療していきましょう。

  • 不妊・産前産後のケア-骨盤矯正


    不妊について

    ■不妊の原因
    不妊の原因は様々で、女性側の原因は約5割、男性側が約2割、その他の原因不明が約2割といわれています。
    また、女性側、男性側に原因が見つかって対策をしても、、
    なかなか恵まれない…
    妊娠しても胎児が育たない…
    という方もたくさんおられます。

    女性側の原因として考えられることは・・・

    • 子宮内の血液循環が悪い
    • ホルモンの分泌が悪く、卵胞が十分に発達しない
    • 卵管が閉塞している
    • 子宮内膜が薄い

    など、他にもたくさんあげられますが

    なぜ、血液の循環が悪くなったり、ホルモンのバランスがくずれてしまうのでしょうか?

    原因は様々だと思いますが
    その一つとして、からがの歪みが考えられます。

    これは子宮・卵管・卵巣の図です。
    正常な場合このような左右対称の構造になっています。

    しかし実際は

    子宮は傾き、卵管は曲がり、卵管采は上を向いていて
    正常な子宮の図とは大きく異なっています。

    もうひとつ注目していただきたいことは、骨盤の傾きです。
    骨盤が傾いていることが確認できますでしょうか?

    正常な骨盤を正面から見た図です。

    比べると、
    実際の写真は、左右の股関節の高さが異なり、仙骨も傾いているのがわかります。

    子宮の入れ物である骨盤が傾くと、中の子宮も傾いてしまいます。

    逆に、骨盤の歪みをなおすことによって、子宮も正常の形に近づきます。

    実際に歪みをなおした結果、元気な赤ちゃんを出産された方はたくさんおられます。

    一度、体の歪み確認してみませんか?

  • 脊柱管狭窄症


    脊柱管狭窄症とは

    背骨(椎体・椎弓)に囲まれた管状の空間のことを脊柱管といい、            
    その脊柱管が何らかの原因によって狭窄(狭くなる)し、神経が圧迫され腰痛や下肢にシビレなどの症状が出ることです。

    こんな症状でお悩みではありませんか?

    • 長時間立っていると腰や足に痛みやシビレが出る
    • 20〜30分歩くと足にしびれや痛みが出る
    • 歩くと痛くて座ってしばらく休むとラクになる
    • 牽引治療、電気治療をしているが症状の変化がない
    • ブロック注射や手術はしたくない

    歩き始めると足がしびれたり歩けなくなり、前かがみでしばらく休むとまた歩けるようになるという症状は、腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状の一つです。

    脊柱管狭窄症の治療は、保存療法と手術療法に分けられます。
    保存療法では、薬物療法、牽引やマッサージや体操などの理学療法・運動療法、神経ブロック療法などがあります。

    保存療法では、治療後は少しマシになるかもしれませんが、根本治療ではありません。

    狭窄症で悩んでおられる方は皆さん体が歪んでいます。

    テアシスでは全く痛みなく体の歪みをなおしていきます。
    歪みをなおした結果、狭窄症の症状が改善された方はたくさんおられます。

    ※2〜3回でよくなるものではありません

    お一人お一人に合った計画を立てて、しっかりとサポートさせていただきます。

    狭窄症でお悩みの方はご相談下さい。

  • 自律神経失調症

    あなたはいくつあてはまりますか?

    • 動悸・息切れする
    • 20〜30分歩くと足にしびれや痛みが出る
    • 立ちくらみ・めまいがする
    • 疲れやすい・疲れがとれない
    • 手足がシビレる
    • 肩こりが治らない
    • 筋肉・関節の痛み
    • 食欲がない
    • 眠れない・朝起きれない
    • イライラする
    • やる気が出ない
    • 食べ物を飲み込みづらい時がある
    • 夏でも手足が冷える
    • 気候の変化に弱い
    • 便秘・下痢
    • 顔だけや手足だけ汗をかく
    • 集中力がない

    5個以上あてはまる方は、自律神経失調症になりかけている可能性があります。

    自律神経失調症の原因は人それぞれです。
    夜更かしなどの生活リズムの乱れ、ストレス、体質、環境の変化、ホルモンの影響など・・・

    病院で診てもらい、
    数種類のビタミン剤や精神安定剤を飲んでいる
    週に2〜3回マッサージに通っている
    カウンセリングなどの心理療法をおこなっている
    食事療法  など

    されている方は多いのではないでしょうか?

    症状がある方の体は、100%歪んでいます。
    左右からの筋肉の引っ張り合いが乱れ、骨格は捻れています。
    体が捻れると、いろんなところに負担がかかり、休息をとっても疲れがとれません。
    また、血行が悪くなり様々な症状が起こりやすくなります。

    体の歪みをなおすのに痛みは全くありません。

    当院には、自律神経失調症でお悩みの方もたくさんおられ、皆さん良くなっています。
    ご相談下さい。

京都・亀岡の整骨院 テアシス京都亀岡 京都・亀岡の整骨院 テアシス京都亀岡

完全予約制

0771-55-9580

診療時間
(祝日除く)
8:30~12:30
往診
15:00~21:00
往診
往診